熱中症で搬送されて亡くなった人のほとんどが、加齢により暑さを感じにくくなった高齢者である。家族や周りの人は気を配るなど、直接声をかけてエアコンの使用を確認しよう。その時に入れてなければ、2時間後に安否確認を! 猛暑は、水害や津波と同じ『災害』 。 12時ころは、外出しないや運動をしないなど、熱中症に御注意をしよう!

 今日は、恐れ入り谷の鬼子母神の朝顔市だった。昔は、クーラーもなかったから、朝顔に打ち水で涼をとっていた。それにしても朝顔農家は、大変だ。丹精込めて苦労の多い仕事だ。仕事で大塚駅に行っていたが、通りにずらりと行灯仕立ての立派な朝顔を、園芸農家の人が売っていたが、近郊から運ぶのも農家がしなくてはいけない。
<農作業中・庭の草むしり中>
#愛媛県 #三重県 #香川県 #大分県 #名古屋市 #徳島市 #滋賀県 #熊本県 #鹿児島県 #福島県
 🏀 7日午後5時すぎ、愛媛県西予市野村町の畑で男性(63)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、およそ2時間半後に死亡が確認されました。
 🏀 7日午後3時すぎ、三重県津市緑が丘で、男性(75)が自宅の庭で倒れているのを帰宅した妻が発見し、病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 🏀 7日午前11時すぎ、香川県小豆島町の畑で男性(85)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、およそ2時間後に、亡くなった。
 🏀 7日午前8時半ごろ、三重県伊賀市荒木で、地域の草刈り作業に参加していた男性(81)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、亡くなった。
***************************************************************************
 🏀 6日午後6時50分ごろ、大分県国東市武蔵町狭間の住宅で長袖長ズボンの作業着を着た状態で女性(85)が倒れている家族が見つけ、消防と警察が駆けつけ、その場で死亡が確認された。
 🏀 6日午後5時ごろ、名古屋市西区香呑町の駐車場で、男性(60~80代とみられる)が倒れているのを通行人が見つけ、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
 🏀 6日午後3時半ごろ、大分県豊後大野市清川町の住宅の庭で、この家の男性(96)が倒れているのを家族が見つけ、病院に搬送されたが、およそ2時間半後に亡くなった。この町では、4日に続き、二件目の警察事案である。
 🏀 6日午後1時すぎ、徳島市山城町の住宅の敷地内で、女性(91)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
 🏀 6日午後3時半ごろ、愛媛県松前町の畑で、農作業をしていた女性(83)が倒れているのを家族が見つけ、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
***************************************************************************
 🏀 5日午後3時前、滋賀県日野町中在寺の畑で、男性(81)があおむけに倒れているのを通りがかった人が見つけ、通報を受けた救急隊が駆けつけ、死亡が確認された。
 🏀 5日午後2時半ごろ、佐賀県鳥栖市で屋外で除草作業をしたあと、自宅に帰り、シャワーを浴びて横になっていた男性(70代)が、意識不明となっているのを家族が見つけ、通報を受けた救急隊が駆けつけ、死亡が確認された。
***************************************************************************
 🏀 4日午後1時半ごろ、熊本県多良木町黒肥地にある栗林で草刈り作業を二人でしていた男性(70代)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、甲斐なく亡くなった。
 🏀 4日午後3時半ごろ、大分県豊後大野市三重町の路上で、農作業用の衣服を着た女性(90)が倒れているのを家族が見つけ、病院に搬送されたが、およそ40分後に死亡が確認された。
***************************************************************************
 🏀3日午後0時20分ごろ、高松市木太町にある畑で男性(96)が倒れているのを近くに住む女性が見つけ、病院に搬送されたが、およそ5時間後に死亡した。
 🏀 2日午後6時半ごろ、鹿児島県南さつま市で、屋内で作業をしていた男性(41)が熱中症の疑いで病院に搬送され、その後、死亡した。
***************************************************************************
 🏀 6月12日午後4時前、福島県会津坂下町の畑で、午前中から畑に出て作業をしていた女性(80)が倒れているのが見つかり、その場で熱中症疑いの死亡が確認された。


<社会見学中>
 🏀 5日午前11時20分ごろと正午過ぎに、京都市東山区の「蹴上浄水場」で、社会科見学をしていた小学校4年生3人を病院に搬送した。



<在宅でのリスク>
 実は熱中症の発生場所で最も多いのは「住居」である。部屋に「温度計」を置いて、室温や湿度を確認し、「室温28度・湿度70%」はエアコンONにするように、心掛けよう。のどが渇く前にコップに水を一杯ごっくんと、定期的な水分補給をしよう。尿の色が透明なのは、正常。黄色から茶色へと変わるごとに、水分不足の証拠である。

 外の気温が下がっても室内の温度は下がることはない。特に25度を下回らない熱帯夜には、寝ている間に熱中症になる。エアコンは起動する時に大きな電力を消費するので、つけっぱなしにして節電しよう。

 冷えすぎると膝が痛くなったり、部屋が乾燥してのどが痛くなったりするので、パジャマを厚着にしたり、掛け布団をかけたりして、エアコンの風を直接体に当てない。

 ほとんど人付き合いのない一人暮らしの方の孤独死も、多い。
 通報するかどうか迷ったときには、ためらわず、110番通報をしましょう。

<6日付け、のどが渇く前にこまめな水分補給、室内で適切に冷房の利用を:東京消防庁>

 🏀 7日午後3時半ごろ、山口県宇部市で、女性(70)がエアコンがついていなかった自宅部屋は倒れているのを家族が見つけ、病院に搬送されましたが死亡が確認された。
***************************************************************************
 🏀 3日午後6時15分ごろ、埼玉県さいたま市岩槻区飯塚の木造2階建て住宅で、近隣の人が、親子二人に5月末から会っていないと、警察に通報した。警察官が駆け付けて、室内から高齢の男女2人の遺体を発見した。


熱中症対策としてAVA(動静脈吻合)
 自転車で都内から西八王子に戻ってきた時によくやるのが、自販機から取り出したばかりの冷たいペットボトル、アルミ缶を、ギューと握って手のひらを冷やすと、生きた心地がする。体温調整の役割を担う血管があり、冷たいものと接触させることで、体温を早く下げられる。

 山には、キンキンに冷やしたのと常温のペットボトル2本を持っていく。体温を下げるのに、保冷剤で冷えたペットボトルの水を飲むのでなく、手のひらで握るのは、よくやった。

 実は、誰でもが知る山にある山小屋に荷揚げをするぼっかのアルバイト学生に、山小屋で冷たい水を飲ませたら急死した事例がある。若い頃に登った東北の飯豊連峰で取り付きの地蔵山にあった休憩のための小屋で、差し出された温かいお茶が、生涯で一番美味しかった。昔の人は、命にかかわるダメなことをよく知っていた。
 くそ暑い中をロードバイク(自転車)走り回った時にも、行く先々でコンビニは重宝した。スポーツドリンクの入ったペットボトルは、必ず買った。
 ところで、事故の発見の遅れがちな山登りでの単独行動は、絶対にやめたほうがよい。倒木で怪我、転落、骨折して動けなくなっても、最近の猿や熊に襲われても、誰も助けを呼んでくれないから、山村の慣わしだ。

<体調管理>
 食欲がない時こそ、積極的に牛乳や肉などを食べて、たんぱく質などの栄養を補給するしかない。

<熱中症対策>
日本赤十字社の講習によれば、熱中症になった人は、深部体温を効率的に下げる必要がある。体温を下げるのは、氷水に浸したタオルで、首の周りを冷やす。脇の下を冷やす。脚の付け根を冷やすことが。一般的である。何らかの意識障害が疑われる場合は、できるだけ早く全身を氷水に浸けるのが、最も救命につながる。


関連ホームページ
 猛暑は“災害” 命を守る「熱中症」対策 NHK 2024年7月5日 15時32分
 熱中症疑い 四国で2人死亡 東京では2~99歳の119人救急搬送 NHK 2024年7月6日 21時46分
 熱中症|講習について 日本赤十字社


記事更新ページ
 6月30日 【八王子市内】湯殿川のあじさい小路の報告更新日:2024年7月5日

この記事へのコメント

プロフィール